3D

「トロン」を観てから、ダフト・パンクばかり聴いています。
サントラ買おうかな…


しかし「トロン」は評判が悪い。
映評は真っ二つに割れている。
もちろん内容は最高に面白いものではないし、突っ込みどころ満載だったし、演出に甘いとこもあったけど、そこまで酷い映画ではなかった。



酷評には2D部分と3D部分があることに対する不満が多かった。
映画が始まる前に、「2Dで撮影された場面がありますが、3D眼鏡はそのままおかけください」という指示が出るのだが、酷評の中には、「全編3Dじゃない」「2Dの場面で眼鏡をかける意味がない」というものが多数。
映画の中では、現実世界が2Dで、サイバースペースが3Dで撮られているので、主人公がサイバースペースに入ると画面に急に奥行きが出る。
その演出はなかなか面白いと思ったし、それを狙ってるはずだから、眼鏡はかけたままじゃないとダメだけど、眼鏡をかけたままだと画面が暗くなるから嫌だという意見がかなりあった。
画面が暗くなることに、あまり不満を感じない自分って…
普段、薄暗くて荒い映像の映画ばっかり観てるからだろうか…



あと、3Dがあまり感じられないという批判も多数。
これって、3Dに何を求めているかで評価がかなり変わると思う。
画面から飛び出す感覚(富士通パビリオンみたいなの)を求める人にとっては、「トロン」の3Dは、そりゃあ納得いかないだろう。
でも「アバター」を観たときも感じたけれど、3Dっていうのは実は奥行きや光の演出が素晴らしいんじゃないだろうか。
「U23D」では、スポットライトが眩しくて、その暖かさに眠くなったくらい、光がリアルに表現されていた。
これは、2Dでは味わえない。
「トロン」がやっていた3Dというのは正にその、光と奥行きだったから、飛び出す3Dを求めていた人には地味に感じたのだと思う。
でも、これからもし3Dが2Dの映画並に増えていくとしたら、自然な奥行きを楽しむものが増えていくんじゃないだろうか。
飛び出す系ばかりに需要があるとは思えないから。
正直、映画は2Dで充分だと思うけど。



「トロン」はエンドクレジットがあまりにもカッコ良くて、映画の内容の甘さを吹き飛ばしてしまったから、冷静な評価はできていないと思う。
闇に浮かぶ蛍光色やレトロフューチャーな雰囲気が好きな自分にはたまらなかった。
ああいうデザインは見ててワクワクする。


もっと難解にして、わけのわからない話にしてしまえば良かったのに!
あと「マトリックス」は3Dにしたら凄そう。
[PR]
# by mami-131 | 2010-12-23 02:26 | 映画

ラムさん一家

昨日、映画が始まる前にやったUFOキャッチャーでとったヘーベルハウスの羊パペット。

f0162123_23405196.jpg


ラム一家の紹介の紙が付いていて、意外にも渋い名前でビックリ。ラム一家の堅実さが伝わってくるようだ。

f0162123_23405168.jpg


最近のイライラする子どもの名前の方が、よっぽどキャラクターみたいだよ。
キャラクターと人間の逆転現象起きてるな…
[PR]
# by mami-131 | 2010-09-05 23:40 | 物いろいろ

スーパーメガスターⅡ

f0162123_114132.jpg

先週、千葉県立現代産業科学館にスーパーメガスターⅡを見に行ってきました。


スーパーメガスターⅡとは――

メガスターシリーズのフラッグシップ機で投影星数2200万個を誇るモンスターマシーン
(大平技研のサイトより)


今回は子ども向け番組「七夕ランデブー」を観ることに。
小学生の男の子と女の子が、種子島のロケットに密航して宇宙にいってしまうという、突っ込みどころ満載の内容で、ロケットの描写やCGが多く、宇宙での星は確かに綺麗だったけど、「うはっ!スーパーメガスターⅡすごい!」という気持ちにはならなかった。
日没から日の出までの星の動きとか、見たかったんだけど…
子ども向け番組じゃなくて、大人向けのヒーリング番組だったら、また違っていたのかもしれない。


今まで行ったプラネタリウムでは、プラネタリウムの画面(という言い方は間違っている気がする…)に映像を投影した「番組」と、生解説のセットが多かったので、今回もそうだと思ったら番組のみ(番組に投影が組み込まれていた)。
なんだか物足りない…
自分はどうやらベテラン解説員による星空の解説が好きらしい。
地元のプラネタリウムに行く度に感動するのは、解説やプログラムの作り方がうまいってことなんだろうな。

スーパーメガスターⅡ自体はすごかったので、次は是非生解説で観てみたいと思った。
[PR]
# by mami-131 | 2010-08-25 01:14 | おでかけ

卒業制作

f0162123_23162649.jpg



f0162123_23162634.jpg



f0162123_23162620.jpg



テディベアコンベンションで、ベア教室の卒業制作を展示しました。


絵本「わたしのろば ベンジャミン」(ハンス・リマー/文 レナート・オスベック/写真)の世界を再現しました。

ベンジャミン(ロバ)とスージー(女の子)です。「犬ですか?」と聞かれることが多かったんですが、子熊です…

ベンジャミンは4本の脚と首に、スージーは腕に針金が入っていて、動かすことも可能。

四つ足の型紙をおこしたのは初めてだったので、シーチングでベンジャミンを4体作り、コンベンションの5日前にやっと完成。スージーは残りの日数でなんとかできました。
ホントはスージーにシャツも作りたかったし、下にキルトを敷くつもりだったんですが間に合わず…
でも「やりきった」気分です。

卒業展という大きなイベントも終わり、ひとつ目標がなくなった今、これからが大切なんだろうなあ…と思いながら、とりあえず新しいぬいぐるみをチクチク縫っています。
[PR]
# by mami-131 | 2010-07-29 23:16 | テディベア

おやつですよ

f0162123_22262142.jpg

f0162123_22262114.jpg

最近買ったお菓子の本その2

「おやつですよ」(なかしましほ著/文藝春秋)

なかしましほさんのバターを使わない素朴なお菓子が好きでよく焼いていますが、今回は今までの本とは違い、バターも生クリームも使う、でも子どもの頃食べたような飾り気がない「おやつ」がたくさん載っています。
しかも簡単。
昔の料理本のようなビニールカバーがかかっていたり、中のイラストも可愛らしく、全体的に自分たちが子どもだった頃の70年代の雰囲気で(わたしは70年後半生まれ)、お菓子作りに興味がない人も、「お誕生日会みたいで懐かしい~」と言って、わくわくしながら見ていました。
実際に使っている食器を撮影に使ったそうで、「これ子どもの頃からうちにある!」というのが何枚もあったのも嬉しい。

一番はじめに作りたかったのは「たまごマドレーヌ」。
バターたっぷりの正統派ではなく、神田精養軒のような昔ながらの素朴なマドレーヌが食べたかったけど、最近の本ではそういうレシピがなかったので、ずっとこのレシピを探していました。
レシピではバター+菜種油でしたが、菜種油の味が苦手なので太白ごま油を使用。
最近のマドレーヌに比べれば圧倒的にあっさりしてるけど、もう少し油少なくてもいいかな。
でもこの素朴な味わいは、自分が子どもの頃母親が作ってくれた物のようで、食べるとホッとする。


久々に神田精養軒のマドレーヌ食べたいなーと思ったら、まさか去年倒産していたなんて…
自分で作るしかないないのか…!
[PR]
# by mami-131 | 2010-05-24 22:26 |